タイタンFXの評判は?メリット・デメリットと口コミを徹底解説

タイタンFXは2014年に創業され、創業してまだ6年ほどと歴史が浅いものの、日本人トレーダーからの評判の良いFX会社です。

しかし利用したことがないFX会社には「本当に良いFX会社なの?」と不安を持つ方が少なくありません。

そこで今回はタイタンFXのメリットとデメリット、口コミを紹介していきます。

 

タイタンFXの9つのメリット

タイタンFXには9つのメリットが存在します。それぞれ解説していきます。

平均スプレッドが狭い

タイタンFXはNDD方式(後述)のFX業者の中で、トップクラスのスプレッドの狭さを誇ります。

平均スプレッドの狭さは、トレード時の利益の得やすさに直結するもの。特に小さい利幅を狙うスキャルピングを行う際は、平均スプレッドは非常に重要です。

下の表はタイタンFXの「スタンダードZERO(STP口座)」「ブレードZERO(低スプレッドECN口座)」と他の海外FX会社のスタンダード口座のスプレッドを比較したものです。

スタンダード
ZERO
ブレード
ZERO
XM
スタンダード
is6com
スタンダード
手数料 0 7ドル/lot
ドル円 1.3 1.0 1.8 1.6
ユーロ円 1.7 1.4 2.5 2.3
ユーロドル 1.2 0.9 1.8 1.5
ポンド円 2.4 2.1 3.6 3.1

タイタンFXのスプレッドが狭いことがわかるはずです。

約定力が高くサクサク取引可能

タイタンFXがスキャルピングに最適だと言われることが多いのは、約定力の高さゆえ。2016年に「ZERO POINT Technologyの新サービス」が始まってから約定力が一気に上がりました。

NDD方式のため経済指標発表時には多少スリッページが発生することもありますが、リクオートや約定拒否はほとんどありません。

初心者の方は気づかない間にこのスリッページやレートずらしで損をしていることもあるので、タイタンFXでは安心して取引できます。

NDDで取引制限なし!スキャルピングも可

タイタンFXはFX会社とトレーダーの利益が相反しないNDD方式と呼ばれる注文処理方式を採用しています。そのためスキャルピングも自動売買も自由に行うことが可能です。

またNDD方式のタイタンFXとトレーダーの利益が相反することがないため、ストップ狩りやレート操作など、トレーダーの不利になることは起こりません

なおNDD方式と謳っているFX会社の中には、本当にNDD方式か疑わしい会社もありますが、タイタンFXはリクイディティープロバイダーを公開しているため、信用度が高いです。

最大レバレッジ500倍で追証なし

タイタンFXの最大レバレッジは500倍です。

たとえば10万円でドル円を0.1ロット買って、利幅10pipsで利確できても、100円の利益にしかなりません。

しかしタイタンFXで10万円に500倍のレバレッジをかければ、その利益は5万円になります。

なおタイタンFXにはゼロカットシステムがあるため、ハイレバレッジトレードをしてロスカットになっても元本以上の損失はありませ

またタイタンFXはロスカットレベルが20%に設定されています。他の海外FX会社のようにすぐにロスカットにはなりません。

ハイレバレッジトレードの際に、相場が一時的に逆行して利益を逃すということが起きにくいです。

扱っている銘柄&商品が多い

タイタンFXが扱っている商品は多岐に渡ります。

タイタンFXの取り扱い銘柄

  • FX通貨ペア63種類
  • 貴金属6種類
  • 資源3種類
  • 株価指数CFD11銘柄

他の海外FX会社で扱っていて、タイタンFXにはない商品はほとんどありません。またすべての銘柄をデモ環境でトレードできるので初心者の方はデモから体験することができます

本人確認書類なしでもアカウント解説可能

タイタンFXの口座は免許証や住所証明書などの本人確認書類なしで作成することができます。

出金の前に本人確認書類を提出しなければなりませんが、面倒な手続きなしでまずは口座開設をして、試すことができるのは魅力的です。

入出金方法が便利

タイタンFXで利用できる入金方法は次の4つです。

タイタンFXの入金方法

  • クレジットカード(VISA/MASTER CARD)
  • bitwallet
  • 海外銀行送金
  • STICPAY

入出金にかかる時間を減らしたいという方や、手数料を安くしたいという方は、bitwalletの利用がおすすめです。なお、クレジットカードも入出金にかかる時間は短いですが、入金額以上は出金できません。

一方でbitwalletならbitwallet口座とタイタンFX間の資金移動は1時間以内で完了するうえ、入金額を超えた出金も可能です。

サポートが充実!日本語対応も可能

タイタンFXは公式サイトが日本語対応しているのはもちろん、日本語でのサポートを受けることができます。平日8:00-21:00の間であれば電話やチャットでのやり取りも可能です。

ZuluTradeで自動売買可能

ZuluTradeとは世界的に成功しているトレーダーの中からトレーダーを選んで、そのトレーダーの取引手法を自分の口座に組み入れることができる取引プラットフォームです。

ZuluTradeを利用すればトレーダーを選ぶだけで自動的に取引を行ってくれるため、労力をかける必要はありません

また裁量トレードに自信がない方でも利益を得られる可能性があります。

タイタンFXの2つのデメリット

タイタンFXの2つのデメリットを紹介していきます。

ライセンスの信頼性が低く、運営歴が短い

タイタンFXの運営歴は6年ほどです。そのうえ保持している金融ライセンスは、取得難易度の低いバヌアツ共和国のもので、信頼性は高くありません

ただし以前はさらに信頼性の低いNZFSP(ニュージーランド証券投資委員会)のライセンスで運営を行っていました。

運営歴が短いためメジャーライセンスの取得は難しいですが、より信頼性の高いライセンスに替えていることは評価できるポイントです。

またタイタンFXでは顧客資金を、の6,000億ドルの資産管理を行うオーストラリアのNABの信託口座で管理しているため、流用リスクや倒産リスクがない点は強みです

ボーナスは一切なし

タイタンFXにはボーナスは一切ありません。口座開設ボーナスや100%入金ボーナス、20%入金ボーナスがあるXMなどの海外FX会社と比較すると少し寂しい気もします。

しかしタイタンFXはボーナスがない代わりに、より良い取引環境を提供することで、顧客に利益を還元しています。

たとえばスプレッドをできるだけ狭くしたり、ニューヨークのEQUINIX社データセンターにトレーディングサーバー設置して、約定力を高めたりしています。

タイタンFXの口コミ

実際にタイタンFXを利用している方の口コミを紹介していきます。良い口コミも悪い口コミも紹介しているので参考にしてください。

タイタンFXの良い口コミ

やはり多くの方がタイタンFXのスプレッドの狭さを評価しています。

タイタンFXはトレードのしやすさも魅力的です。

スキャルピングならタイタンFXだという人は少なくありません。

タイタンFXの悪い口コミ

現在はより安定性の高いサーバーに変わっていますが、以前のサーバーではサーバー落ちが発生することがありました。


タイタンFXで出金できなかったという方もいます。

海外FXの出金拒否の噂は事前に利用規約を読まずに、禁止されている行為を行なったことが原因であることがほとんど。事前に利用規約を読んでおきましょう。

低スプレットでトレードするならタイタンFX

タイタンFXは口コミの評価も高く、多くのメリットがありました。中でも以下の3つのメリットは非常に魅力的です。

  • NDD方式で信頼度が高い
  • 約定力が高い
  • 平均スプレッドが低い

スキャルピングをメインのトレードスタイルとする方はもちろん、低スプレッドでトレードをしたいという方には、タイタンFXが合っています。

タイトルとURLをコピーしました