はじめての海外FX!

はじめての海外FX!「海外FX」は「国内FX」よりオススメ!
FX会社紹介や取引までの手順を指南

海外FXをはじめる

はじめて海外FXのキャンペーン期間:平成27年3月19日(月)~6月26日(金)口座開設&初回入金で10,000円プレゼント!

はじめて海外FXのキャンペーン期間:平成27年3月19日(月)~6月26日(金)口座開設&初回入金で10,000円プレゼント!

  • ・レバレッジが高いので、「強制ロスカットがすぐ実行」される。
  • ・経営破綻リスクはゼロではないので、常に意識しておく。

海外FXの1000倍近いレバレッジは大きなアドバンテージです。ただし、そのレバレッジは小さな為替変動でも「強制ロスカット」につながる危険が伴います。“小さな額でも大きな取引ができる”ことがハイレバレッジの特徴なので、無理せず小さな額から入金しましょう。また、信託保全があるとは言え、経営破綻のリスクはあるので、そのリスクヘッジも考慮してください。

  • ・海外FXで生じるトラブルのほとんどが『出金問題』
  • ・口座への振込には出金手数料(3500円前後)が必要に。

「利益が出たのに出金に応じてくれない。」これが過去の海外FX会社にあったトラブルの大部分を占めます。最近は、法整備もされ、悪徳業者にあたる企業は減っていますが、引き続き注意は必要です。また、国内FXと違い「出金手数料が必要になる」などのルールや各企業ごとの出金手順・出金までの期間などを把握した上で、お取引されることをお勧めします。

  • ・自動売買ソフトなどを提供する国内企業に注意。
  • ・仲介会社を経由することがトラブルの原因にもなりえる。

2014年6月に独立行政法人国民生活センターが公表した報告書によると、国内業者からFX取引の自動売買ソフトなどを購入し、海外口座に入金して取引を始めたものの、「利益が出ているはずなのに、業者に取引口座からの出金を求めても応じてもらえない」といったトラブルが目立っているとのこと。販売業者のサポートを受けることで海外FXのハードルは下がるが、その結果、利益が出ても出金に応じなかったり、国内の事業者への連絡がつかない状態になるなどのトラブルが報告されているので、国内業者にも注意を払う必要があります。

いろいろなメリットがある海外FXだけど、国内FXとは違ったリスクも多いことを忘れずに。海外FXの特性を知った上で慎重にトレードをはじめよう!

邦銀からも入金可能に

海外FX会社では、基本的には「クレジットカード」と「銀行送金」の2つがメインです。クレジットカード入金の場合は、日本のクイック入金と同様に即時反映されます。また、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの国内の銀行からの送金ができる海外FX会社も増え、日本人の利便性が高まっています。

出金ルールは2つ存在

出金方法は取引条件によって2つの方法に分かれるのでご理解ください。

やはり入金はクレジットカードが早くて便利
大きな金額の場合は「国内銀行からの振込」を活用
利益は、指定銀行に振り込まれることをお忘れなく。

MetaTrader4(以後、MT4)とは、世界的にも有名なFX取引トレードツールです。 PCでもスマホでもタブレットでも、取引をスピーディーに行うことができ、さらに自分自身でオリジナルのチャートを作成することもできるカスタマイズ性が世界中のFXトレーダーに高い支持を受けています。MT4を使ったことがない方は、海外FXを通じてMT4による快適なトレードを体験されることをオススメします。

取引ツールでもあり高性能チャートでもあるMT4は、WindowsでもMacでもスマートフォンでも取り扱いが可能です。いつでもどこでも取引やレートチャックができるMT4があれば、24時間チャンスを逃しません。

MT4は各社共通の取引プラットフォームなので、別会社の複数アカウントを同時に管理することができます。各アカウントごとにトレードスタイルを変えたポジションを持つなど、MT4の使い方を工夫することで収益チャンスを広げることも可能です。

プロ仕様の世界最高ツール「MetaTrader4」を使えれば、より高いレベルの取引ができるから、この機会に新しいツールも使いこなせるようになろう!

これから海外FXをはじめる人にとって気になる「海外FXトレーダーの方々の実態」を調べました。

オススメの海外FX企業はこちら海外FXをはじめる

海外FX会社の外国為替取引(FX)は、すべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。海外FX業者の外国為替取引(FX)を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部、または全部を失うことがあります。したがって損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引(FX)に関連する、レバレッジ等のリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。